【ツール】PCに触れて14年目にして人生初のメモリを増設する

memori_8g最近、ARK Survival Evoledで友人とマルチプレイをしているのですが

サーバーを立てて、ARKを起動して、Skypeでボイスチャットしていると

もうめちゃくちゃに重くなるんですよね。しかもサーバーも同じPCなのでみんなも重い。

今まではまあARK重いからなあ仕方ないなあとか思っていたのですが

先日、4人でマルチを行った際に魚は陸上をホバーするは蛙に乗った友人は空中へ飛び立つわ

最終的に接続も切れてしまいました。タスクマネージャーを確認したらメモリが8Gギリギリ!

もしやこれが原因か・・・?よし!メモリを増設してみよう!となったのがきっかけです

前回の外付けHDDに次いで今更需要あんの?のメモリ増設についてまとめておこうと思います

【PS4拡張ストレージ対応】PCに触れて14年目にして人生初の外付けHDDを取り付ける
【PS4拡張ストレージ対応】PCに触れて14年目にして人生初の外付けHDDを取り付ける
PCに初めて外付けHDDを取り付けようと思って調べてたら丁度PS4の拡張ストレージ対応アップデートが入ってました PCとPS4でフォーマットを行った場合にデータはどうなるか確認してみたいと思い検証してみました

問題解決は本当にメモリが原因?

そもそもメモリってなに

ということで増設してみようと思い立ったわけですが

そもそも現状のPCスペックでメモリを増設することに意味があるのか?

そのあたりすらよくわからなかったので調べてみました。

まず、メモリとは一時的にデータを置く場所、よく机に例えられるようです。

そしてその机の上に動作するプログラムやデータをここでは道具や教科書に例えます。

そしてその道具を使うのがCPU、つまり処理の中枢で頭脳の役目になります。

(参考:メモリについて CPUについて)

zei_shinkoku

で、机が小さいとどうなるかというと勉強(プログラム動作)してる時、

消しゴム(データ)を使いたくなったとします。しかし机の上は教科書、ノート、ペンで一杯

なので消しゴムをいちいち引き出しから取り出したり、ノートをしまったりするわけです。

結果、この余分な動作が発生する分処理が遅くなるって訳ですね。

僕もこの例え、何度か聞いたことあるのですが今回調べるまですっかり忘れてました。

メモリとCPUの状態を確認する

よっしゃ!そいじゃメモリ増やしまくれば最強になれる!と、言うわけではなく

上記に書いた通りメモリは机、CPUは頭脳なので処理能力はCPU依存です。つまり

メモリを増やしても処理能力があがる訳ではなくCPU本来の性能を引き出しているのです

と、いうことで増設して状態の改善・向上が見込めるかを確認しましょう。

「Ctrl」「Alt」「Delete」でWindowsタスクマネージャを開きます。

画面上の「パフォーマンス」タブを開きます。そこの「CPU使用率」と「メモリ」が重要で

taskmanager

この緑ゲージで「メモリ」が高く、「CPU」が低い場合メモリを増設すべき状態です。

逆に「CPU」が高い場合はメモリを持て余してるかCPUが古く、性能が低いと思われます。

例として僕がARKをやってたとき「CPU」は35%くらいで「メモリ」はほぼマックスでした

自分のPCのメモリを確認

メモリの型について

PCの状態を確認することで僕はARKプレイ時に、メモリ不足ということがわかりました。

では実際にさっさとAmazonで注文してから考えようぜ!と行きたいですが

ちょっと待った!説明書読まない僕が言うのもなんですが精密機器に関しては慎重に!

実はメモリにはたくさんの種類や条件があるのでそれを踏まえておきましょう。

  1. マザーボードの型によって使用できるメモリが異なる
  2. 異なったメーカー、規格によっては動作不良を起こす可能性がある
  3. 同一メーカー、規格のメモリを2枚装着する事で性能が若干向上する

この1がかなり重要でマザーボード(要はPCの土台や骨組み)によって

使えるメモリが変わってきます。そこらへんをざっくりに書き出すと

メモリ規格モジュール規格動作速度
DDR3-1600PC3-12800800
DDR3-1866PC3-14900933
DDR3-2133PC3-170001066
DDR4-2133PC4-170001066
DDR4-2400PC4-192001200

ってな感じでさらにノート用はSO-DIMMでデスクトップはDIMMとつくので

DIMMのDDR4-2133が欲しいメモリの規格や!みたいなイメージです。

で、横の数字も規格なんですが、ざっくり言うと性能値です。高ければいいです

なのでDDR3-2666のような後期型の場合、DDR4-2133のような新しい規格よりも

性能が高いなんて事もあります。なるべく新しくて数字が高いと強い!という事ですね

(参考:規格の詳しい一覧はここ、わかりやすい説明はここ

CPU-Zでマザーボードとメモリを確認

で、マザーボードに対応したメモリじゃないと取り付けられません

なので今現状付いてるメモリやマザーボードについて調べてみましょう。

PC購入時の製品仕様書などがあったらそれが一番はやいです。

が、今回はCPU-Zというツールを使いましょう!OSの違いも関係なくPCの仕様がわかります

以下からダウンロードして解凍しましょう!確か展開先を指定するくらいだったはずです。

CPU-Zの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
CPUやマザーボード、メモリなど、ハードウェアの詳細な情報を表示する

(日本語化とか出来るみたいですが、特に必要なかったので英語のままです)

で、実行してみると以下のような画面が表示されます

cpu_z

めっちゃ色々載ってます。これがCPUのスペックのようです。

で、「Mainboard」のタブを選択するとマザーボードのスペックが表示されます

cpu_z_mainboard

このMotherboard枠内の「Model」がマザーボードの型ですね。

なので僕は「H97M-S01」らしいです。が、対応メモリを調べてもわかりませんでした

H97M-S01はいわゆるBTOというやつパソコンショップ独自のヤツらしいです。

なのでPCの仕様書でも確認すると「Intel H97 Expressチップセット」とありました。

つまりはIntelのH97でいいみたいですね。 調べてみるとDDR3-1600/1333対応のようで

仕様書も「DDR3 PC3-12800」で1600となっておりさらにCPU-Zでも確認

DDR3の8GBが一枚装着されており、800Mhzとあるので上記の表からしてPC3-12800

cpu_z_memory1

なのでDIMM/DDR3-1600/PC3-12800/800が僕のメモリの相性が一番よさそうですね

(ここで注意なのがメモリの相性が良くても動作不良する場合もあるらしいです)

メモリ購入と取り付け

デュアルチャネルについて

と、いうことでさっそく秋葉原に現地で購入しにいきました。

Amazonの目安では8G1枚で8000円くらい、2枚で13000円

ここでなぜふたつ購入しようとしてるかというとメモリの型で記載した

  • 異なったメーカー、規格によっては動作不良を起こす可能性がある
  • 同一メーカー、規格のメモリを2枚装着する事で性能が若干向上する

とういうことがあるのです。この為ふたつの購入も視野にいれていました。

ちなみに後者の性能アップのやり方をデュアルチャネルというらしいです

マザーボードで対応しているか決まるらしく、僕のは出来るみたいなのでチャレンジしたい!

秋葉原をめぐったところ中古1枚4380円とか新品2枚13800円が候補に!

初めてなので一緒に友人ときたのですが、友人は中古でも問題ないそうで、

しかも中古のは2枚同メーカーのものがあったので、思い切って(?)中古にしました!

CFD_W3U1600HQ-8G

ふたつで8760円!!安い!!ルアーのような見栄えの派手さに釣られました!

CFD-elixirW3U1600HQ-8Gってヤツみたいです。きっちり型どおりです。

メモリを取り付けてみる

と、言うわけでさっそく取り付けましょう。ワクワクとドキドキがいい感じですね!

今回は既存の8G+新規追加で8G+8Gでデュアルチャネル化で合計24GBを予定しました!

正直16GBもあれば十分なのでしょうけど、今後動画編集したりすることを考えて

さて、PCをあけてみると4箇所のカートリッジをつけられそうなところがあります。

pc_memory

この四箇所のカートリッジのとこに差す。終わり!らしいですね。

注意点としては差し込む向き(突起があるので)と差込口の色です。左から1,2,3,4として

1と3が青、2と4が黒になっていて、この色を合わせないとデュアルチャネルになりません

既存で入ってるのはADATAのAM2L16BC8R2-B0QSですね。DDR3Lだけど大丈夫なのか?

pc_memory2

まず先にメモリ取り付けの手順として僕がやったのは

  1. 電源のスイッチとケーブルをはずす
  2. モニターのケーブルをはずす
  3. 電源供給されてる(外付けHDDとかの)USBをはずす
  4. 時間が経ってからダストクリーナーでほこりをとばす
  5. メモリの差込口の両端の固定具をはずす
  6. 取り付けるメモリを取り付ける

になります。そのあと1~3の手順で電源をつけました。

今回は中古ということもあり、初期不良や相性も確認したいので一枚づつ付けました

で、先ほどの差し込み向きについては以下の画像のように突起を合わせてください。

pc_memory3

さらに取り付けたら結構ぐっと押さないと差し込まれません。

差し込まれたら外していた両端の固定具が「パチン」とはまり、画像のように装着されます

pc_memory4

わかりづらいかもですが、一番左の固定具は外れてます(下のグラボに干渉してる)

ではこの状態で一旦PCを起動してみます。するとこのように英文が・・・

pc_moniter

「CPU or Memory Changed !!! Please enter Setup to configre your system」

安心してください!正常ですよ!メモリー変わったみたいだけど設定どうする?との事

とりあえずF1で設定を確認しましょう。するとばっちりメモリが16GBに!!

pc_moniter3

では画面を閉じて、CPU-Zでも確認すると16GB!

memory_set_after1

システムでもしっかり16GBに!

memory_set_after2

これはいけるんじゃないかな!既にデュアルチャネルなのが想定外ですが・・・

ということで一応正式なデュアルチャネルの為に1枚目同様2枚目も青にセットします。

そしてPC起動するとまたどうする?設定する?と聞かれます。

pc_moniter4

memory_set_after3

memory_set_after4

出来てますね!!!やったぜ

ちなみに24GBでARKを起動して確認したところ13GB使ってました!

そりゃあ重くもなりますよね・・・・!!

スポンサーリンク