【映画】攻殻機動隊ゴースト・イン・ザ・シェルがこれで大体わかる!

ghostintheshell1

噂のハリウッド映画、見てきました。

あの有名アニメ映画の「攻殻機動隊 ghost in the shell」をハリウッドが実写映画化した

世界の北野武も出演した「ゴースト・イン・ザ・シェル」見てきました。正直な感想を言うと

普通でした。アメリカナイズされて、オリジナルもあって映像もきれいでよかった

こんな感じに普通じゃん?から賛否両論とも言われる評価と色々ありますが、

原作と切り離したくても切り離せないほどのリスペクトに包まれた作品

だったことは間違いないでしょう。すごく尊敬してたのね!

トレーラー見るとそのリスペクトろワクワクが少し伝わるでしょう!

原作アニメ・マンガを見るときの鉄の掟

僕はこういったアニメやマンガの実写化となると原作は一旦忘れて、

作品として楽しむという事を心がけながら頑張って見ています。カメハメハー!は見てない

そして、原作に並んだ!(超えるは難しい)みたいな作品もあります。個人的にはカイジ

kaiji

で、今回も原作を忘れて見ていたのですが

んまーとてもリスペクトしていて各所にあっこのシーン!とかあって

原作を忘れられなかった!逆に敬意表現で予算使いすぎでは?と思える程でした

攻殻機動隊の知識

ちなみに僕の攻殻機動隊のパワーは

  • 原作マンガ:攻殻機動隊【見てない】
  • アニメ:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX【見た】
  • 映画:攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL【見た】
  • 映画:イノセンス【見てない】
  • 映画:攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE【見てない】
  • 映画:攻殻機動隊 新劇場版【見たい】
  • 映画:アップルシード【見たけど関係ない】

となってます。にわかァ!!!

とはいえ一応この映画の元も映画は見ているので

「原作を深く感じるネッ」とか抜かしやがってもいいですよね・・・?

l

というわけで感想を言う前に

そんな映画、ゴースト・イン・ザ・シェルの感想を書きます。

ちなみに僕は字幕版で見ました。吹き替えも捨てがたかったけどビートたけし見たかった!

そしてきっと今、この記事を見てる人は

どうせ見ないしネタバレありでいいから映画の感じとか知りたいわーって人か

見終わってオレはこう思ったけど、君どう?という他の感想を聞きたい人の

どちらかだろう!というか普通はそうだろう!

ですが、一応ネタバレ抜きでの感想とネタバレありを含めた感想を詳細に書きます。

映画見てない!って人はネタバレなしでもありでも、(開いてみるようにしておきます)

映画見たって人は是非なしな感想も見て「確かに~」からネタバレありで共感しましょう

ghostintheshell

ネタバレなしな感想

原作のアニメ版はヤベー面白いぞ

きっと見たいなーっていう人は

原作を知ってる人か原作を知ってる人に連れられて~だと思います。

とてつもなく原作リスペクトに溢れているので

是非原作を先・・・ん~、先じゃなくてもいいから見て欲しい

アニメ映画のGHOST IN THE SHELLは1995年に出ていたのだが、

20年以上前でこんなすげーの?!ってなること請け合いです。

フィフスエレメントを彷彿とさせる凄まじい情報量の風景

で、肝心の中身ですが、とてもサイバーパンクでケミカルな映像にまず驚きます

バイオのミラ・ジョヴォビッチ主演のフィフスエレメントのような緻密な背景です。

フィフス・エレメント - Google 検索

特に撮影は中国なのですが、こんなとこあるの?!って僕は驚きました。

なんか、デモンズソウルの神殿みたいなところが2回くらい出ます。

demons

さらに言うと途中で日本人の方が北野武以外にも出演するのですが

これがガッチリはまった役で驚きます。

各種キャストについて

そして個人的には助演ポジションのバトー役のピルー・アスベックが

とてもいい演技でした。僕の評価ポイントだとこの人とHONDAが出ることだ。

以下にもっとピルー・アスベックが好きになる記事を載せます

素顔のバトーは攻殻マニア! 「ゴースト・イン・ザ・シェル」バトー役、ピルー・アスベックに聞く
「できれば、(実写)『イノセンス』もやりたい」(ピルー)。しょうがないなぁ、バトー君は。

で、若干ネタバレ?になるかもですが、

僕は字幕版で見ましたが、ビートたけし、日本語で喋ってます。

僕はこれがマジか気になったのと、とことん実写版に付き合いたかったので字幕にしました

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000533-san-movi

逆に吹き替えの場合は原作のアニメと同じ声優さんが主要キャラの声を当ててるようです

実写『攻殻機動隊』アニメ版声優が吹き替え 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら再集結
ニュース| 士郎正宗氏の人気SFコミック『GHOSTINTHESHEL/攻殻機動隊』をハリウッドで実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)の日本語吹き替え版声優が10日、発表された。押井守監督の映画『GHOSTINTHESHELL/攻殻機動隊』(1995年)からアニメシリーズの声優を務めてきた田中敦...続きを読む

ストーリーについて

ストーリーは主人公のミラ少佐(以下少佐)が義体化(脳みそ以外ほぼロボコップ)になり

そこから自分は一体なんなのか?を探っていくストーリーです。ネタバレ抜きむずいなあ

戦闘シーンも迫力があり、内容的にはスパイダーマン的王道さがあります。

ghostintheshell2

作品としては個人的によく2時間で纏めた・・・かな?

ちょっとリスペクト要素詰めすぎで内容補完が難しいんじゃないか?という印象でした。

なので見た後、見る前、どちらでもいいので原作は見たほうがもっと実写も楽しめます。

なので映像や原作への導入としても一見の価値はあるので是非劇場で見てみてください!

ここからネタバレありでバリバリ感想言う

正直、ボロクソではなかったですよね?

はい、原作も見て、映画も見た人に向けて語ります

とにかく原作愛と日本愛は伝わりましたよね。

こう、犬の話とか、バトーの義眼の話とか、背景も日本語ばっかりで!

あとはゴリラ女の多脚戦車破壊シーンなんて監督が

「これがやりたかったんじゃい!」みたいな感じでしたよね。

gorira

内容も少佐が義体化してから自分の魂とはなんぞや?という自問自答と

そこから自己解決までを描いたストーリーでまあよかったですね。

途中の記憶違うんか?!までの複線とかそこからの展開でやっと「おっ」てなりました

悲しかったとこ

ただタチコマが出なかったとこはファンが悲しんだのでは?

それと9課って大統領直下の最強集団とはいえないほどお粗末では?

サイトーが最後しか出なかったせいでさらにただの突撃部隊だったでしょ!

オウレイ博士救出のシーンなんてサイトーの見せ場やんけ!!

しかもよくわからん女の子、あれ誰?ボウマ女の子説?!

それと桃井かおりさんは蛇足でしたが、いい演技でしたね!

逆に世界のたけしは周りが洋風過ぎて浮いてましたね・・・

銃撃戦なんかアウトレイジかよ!ってなっちゃってましたし

outrage

少佐役に批判は全然ない

ミラ少佐を演じたスカーレット・ヨハンソンに批判が出てるみたいですが

むしろ無機質感あってよかったですし、よく引き受けてくれたなあと僕は思います。

がたいもヒョロくない(むしろがっしり)でばっちりでしたし、エロさは皆無だし

もし批判があるとしたらこうしたハリウッド映画化された時に

あと日本人女優が使いたい!ってなるほどの女優が日本にはいないことを憂うべきでは?

男優でやっとケン・ワタナベくらいしかいないんじゃないですかね・・・

まあそんな俳優がどうとか言えるほど僕は映画マニアではないのでこのくらいに

総括して

個人的に10点満点中6点ですかねえ・・・

さっきの残念な点だけで3点のところを

思いのほかバトーがすごくよかったのと、映像、リスペクト感で6点!

皆さんはどうでしたでしょう?

僕はといえばこの映画がきっかけで新しい攻殻機動隊の新作アニメが動いたのが嬉しいので

最終的にはうん!良かった!って感じですね!

『攻殻機動隊』新作アニメーションの制作が決定!!!
アニメーション製作会社「プロダクションI.G」のウェブサイト。
スポンサーリンク