ARK Survival Evoledサーバーが重いのでARK Server Managerで個別サーバーをたてる

ARK_Survival_Evolved

先日、ARKと呼ばれるオンラインゲームを友人達とはじめていました。

ARKとは、SteamやPS4、Xboxなどで発売されているMOサバイバルゲームです。

怪物を倒したり捕まえたりして強くなり、建造で環境を整え、さらに巨大な敵に挑む。

リアルなマインクラフトのようなイメージです。

と、いうことでみんなでやってみよう!と集まってゲームをしたのですが

なんだこれは、カクカクしていつの間にか死んだぞ

なんという重さ、僕のPCでは設定高に耐え切れなかったのかラグと処理落ちがすごい

重さは設定を下げればまあなんとか超カクカクから中カクカク程度にはなるのが救いです。

しかし陸にいれば恐竜にやられ、水に入れば魚に襲われ、動かなければ餓死をする。

仲間と合流するために世界の先人によって建設された巨大建造物を尻目に危険地帯を右往左往

北に向かってるのか?ここはどこだ?仲間と合流出来ても死んだらランダムリスポーン・・・

こんなシビアなサバイバルゲーで処理落ちはいかんでしょ!

ということで個別サーバーを立ててみました

仲間内でも評価が下がり、3000円を無駄にして別のゲームやるか・・・

ということで買う予定の友人に「買うのはちょっと待った」と伝えたところ

「今日買って今インストール中だよ。明日には出来るぜ!」

よっしゃ!もう後戻りは許されない!個別サーバー立ててやる!!

正直、サーバーなんて全く詳しくないのですが友人達のやる気を取り戻すため

もし面白かったらもうけ!という前回のPS4コントローラー修理のような感覚で挑みました。

PS4のコントローラーを壊れる覚悟で分解・修理してみました
久々にPS4のコントローラーを触ったらどうもボタンの戻りが悪くなっていました。 これではゲームを行うのに支障が出ると思いどうせ買い換えるならと分解する事にしました。 道具を購入するところから分解手順と画像も載せたので今後の同じ人の参考になればと思います。

今回も様々な方の情報を元にサーバー構築を行いました。

多分現時点(2017年3月6日)では最新のはずなので是非参考にしてください。

1.ARK Server Manager(ASM)の起動まで

1-1.ARK Server Manager(ASM)をダウンロード

Ark Server Managerのリンクをクリック

ダウンロード方法は下記画像を参考に下にスクロールし「Download here」をクリック

2017-03-06ArkServerManager001

すると以下のようなポップが出るので「外部サイトへ」をクリックでダウンロードできます

2017-03-06ArkServerManager002

1-2.ARK Server Manager(ASM)の解凍

ダウンロードしてきた「latest.zip」を任意のフォルダで解凍します。

ここではアプリの解凍先を「Ark」とし、実行フォルダを「Ark_Server」としてます。

「Ark」のみで大丈夫ですのであまり気にしなくていいです。

2017-03-06ArkServerManager003

以下のように「Ark」を指定して解凍

2017-03-06ArkServerManager004

1-3.ARK Server Manager(ASM)の起動

解凍されたら「ARK Server Maneger.exe」が出来るので実行してください。

2017-03-06ArkServerManager005

二回くらい「はい/いいえ」と聞かれるので両方「はい」にしましょう

すると以下のようにタスクバー(ディスプレイの一番下とか)を確認すると起動してます。

2017-03-06ArkServerManager006

ここでOKを押すとフォルダを選ばされるので「Ark_Server」を選択(Arkでも大丈夫)

2017-03-06ArkServerManager007

次に英語で「hogefuga~Is this ok?」と場所の確認されるので「はい」を選択

するとコンソールが立ち上がり、アップデートが始まります

2017-03-06ArkServerManager008

完了すると無事ARK Server Managerが起動します。

ここからは個人的に調べた結果変更したい、気になるという部分のみ抜粋してます。

詳しく知りたいという方はWiki(古かったり、情報不十分ですが)で確認してみてください

ARK Server Manager - ARK_Survival_Evolved Wiki*

2.ARK Server Manager(ASM)でサーバーとゲーム設定

2-1.Administration:管理設定について

起動したARK Server Manager画面左上の「□」タブを選択してください

2017-03-06ArkServerManager009

選択するとサーバーを立ち上げる為の設定画面が表示されます

Profile:設定の名前です。特に変更しなくていいです。

Status:サーバーの状態です。まだ構築してないので「Uninstalled」です

Availabity:サーバーが使えるかです。まだ使えないので「Unavailable」

これがサーバーやゲームシステム(Modとか経験値の量とか)の設定画面になります

2017-03-06ArkServerManager010

まずはサーバーの基本設定Administrationの設定を行います。

この設定だけで一応サーバーは立てれますので画像の番号の通り解説します。

2-2.Administration:管理設定についての詳細

1.Server Name:Arkゲーム開始のサーバー選択で表示されます。

検索しやすいほうがいいかもなので「YasutarouKingdom」とかお好みで。

2.Server Password:サーバーログイン時のパスです。

ログイン時に必要です。多人数の場合みんなに知らせるパスになります。

3.Admin Password:チートコードなど使うときのパスです。

キックの時も使うかもですが、身内でやる僕はサーバーパスと同じです。

4.Max Players:サーバーの最大人数です。

公式最大の70でアレなので、僕は今回の趣旨通り低めの10にしました。

5.Map Name or Map Mod Path:Arkで生成される島の形状です。

Modや拡張を使う方は入力欄横の更新ボタンをクリックして変更しましょう。

僕たちはModも拡張もないので初期の「TheIsland」です。

6.Auto Save Period:サーバーの自動セーブのタイミングです。

セーブ毎にラグるらしいので快適性を選んで30分にしました。

2-3.Automatic Management:自動管理について

先ほどの管理設定画面から少し下にスクロールすると「Automatic Management」という

サーバー側のアップデート自動起動・シャットダウンの設定画面が表示されます。

2017-03-06ArkServerManager011

1.Auto-Start server on boot:PC起動時に自動でArkサーバーが起動します。

2.Include server in the Auto-Update cycle:自動でサーバーをアップデートします。

Arkの更新とサーバーの更新を同期させないとゲームが出来なくなると思います。

なのでARKServerManagerがサーバーも自動でアップデートしてくれます。

2-4.Rules:ゲーム内容の設定について

ゲームの具体的な内容の設定についてです。

PvP(プレイヤー対プレイヤー)かPvE(プレイヤー対敵)の設定や

トライブ(チームやクラン、ギルドみたいなの)で味方に攻撃できるか

病気や全滅とか詳しくないのでよくわりませんが設定できます

2017-03-06ArkServerManager012

1.Enable PvP:プレイヤー対プレイヤーの設定

2.Enable PvE Cave Building:洞窟内に建造物を作れる設定

僕達は初心者なのでPvEで純粋に冒険をする設定の為、

をオフをオン(洞窟で建築って楽しそうだから)にしました。

2-5.Chat and Notification:チャットや通知の設定について

ゲーム内のチャットについてです。ボイスチャットが全体に流れたりもできるみたいです

2017-03-06ArkServerManager013

1.Enable “Player Left” Notification:プレイヤーがゲーム退出で通知する設定

2.Enable “Player Joined” Notification:プレイヤーがゲーム参加で通知する設定

ゲーム上で落ちてるのかどうか判断したくて表示にしてみました。

2-6.HUD and Visuals:画面の設定について

プレイ画面の設定です。ちょっとやってみてPvEで個人的に必須なのが②の位置表示です

2017-03-06ArkServerManager014

1.Allow Third-Person View:第三者視点の設定

2.Allow Map Player Location:地図にプレイヤーの位置を表示する設定

①に関しては基本FPSのゲームなので慣れてない人向けだったり、

遠くを見たりするときに便利なのでいれておくと便利です。

②は実際にゲームをやって重要だと思った地図に現在地を表示する機能です。

っていうか初期状態だと方位も位置も不明ってどういうこっちゃ

2-7.Player Settings:プレイヤーの設定について

プレイヤーのステータスや経験値についてです。ゲームバランスに直結してます

2017-03-06ArkServerManager015

1.Enable Flyer-Carry:飛行生物が生物を掴める設定(多分掴んで飛べる?)

2.XP Multiplier:プレイヤーが入手する経験値の倍率の設定

3.Health Recovery:プレイヤーの自動回復の倍率の設定

4.Harvesting Damage:資源に与えられるダメージの設定

①はリザードンの地球投げ!を再現出来ると夢見て設定しました。わくわくしますね!

あとバランスはまだちょっとわからないのですが、数人で短期間で遊ぶのを念頭に

進行を楽に、ただ無双ゲームにはならない事を考えこの3つを上げてみました。

2-8.Environment:環境の設定について

ステージの島のテイムや搾取についてです。ゲームバランスに直結してます。

2017-03-06ArkServerManager016

1.Taming Speed:モンスターのテイムに掛ける倍率の設定

2.Harvest Amount:素材を収集する時の取得数の倍率の設定

3.Resource Respawn:素材が再度復活する速度の設定

上記のプレイヤー設定と同じく、少し楽に進行出来るよう設定しました。

ただし①のテイムはティラノサウルスで半日とかかかるらしいので30倍にしました。

ゲームの設定は以上になります。他にもModやモンスターをいじれるのですが、今回は初心者で少人数の状況での構築でしたのでここまでにしてます。詳しくは以下のWikiを参考に

ARK Server Manager - ARK_Survival_Evolved Wiki*

3.ARK Server Manager(ASM)自動更新とサーバー起動

3-1.Open Global Setting:基本設定

よし、じゃあ設定保存してさっそく起動だ!とやったら僕は失敗しました。なんだと?

「Output SteamCMD to the progress windowをなしにして」など言われたのですが

そんなのどこにもないしwikiにも他サイトにも載ってないぞ・・・

同じ経験の方!安心してください、解決しました。

2017-03-06ArkServerManager017

画面上部にあるネジアイコンをクリックすると別個の設定画面が立ち上がります。

2017-03-06ArkServerManager018

そして例の文言があるのでチェックを外しましょう。

このままだとさらに「The cache directory must specify a valid location or the cache update period must be 0.」キャッシュの場所はどこや!と僕は怒られました。

なので任意のディレクトリをCache Directoryに指定しましょう2017-03-06ArkServerManager020

この「Set Location」をクリックして

2017-03-06ArkServerManager021

任意のフォルダを指定しましょう。僕は始めに作った「Ark_Server」に新しく

「ServerCache」というフォルダを作成して、「フォルダー選択」をクリック

2017-03-06ArkServerManager022

Cache Directoryに指定されたらSettingの画面を閉じましょう。

すると「Server cache will update every 600 minites」とダイアログが表示されるのでこれは怒られていない合図です。これにて設定完了です。

3-2.SaveとInstallとStartでサーバー起動

ではついにサーバーの起動をします。

まずは画面上部の「Save」のボタンをクリック。

2017-03-06ArkServerManager023

画面が暗転し、セーブ中だよ。と出るのでしばし待ちます。

画面が暗転から戻ったら「Install」のボタンをクリック。

2017-03-06ArkServerManager024

するとインストールが始まり、コンソールが出るので進行度が100になるまで待ちましょう。

失敗したらもう一回インストールを押しましょう(僕はそれでいけました)

インストールが成功すると完了の表示が出ます

2017-03-06ArkServerManager025

表示されたら完了の画面を閉じて「Start」を押しましょう。

するとコンソールが開き、サーバーが立ち上げます。

2017-03-06ArkServerManager026

赤枠の「Number of cores 4」という表示が出たらコンソールを開いたままにして

ARK Server Managerで「Status:Runnning」「Availabity:Available」となってれば

無事、ARKの個別サーバーがお好みの設定で作成されました!お疲れ様です!やったね!

もしまだサーバーがARK画面に表示されない場合はポート開放が出来ていないので

ポート開放及び、ARK画面でサーバー構築の確認含めて以下に解説致します。

ARK Server Managerで個別サーバーを立てたのでポート開放と接続確認をする
ARK Survival Evoledの個別サーバーをARK Server Managerを使って構築したので 次はみんなでオンラインマルチプレイをする為にポート開放を開放くんを使って実施

今回のサーバー構築にあたって以下を参考にさせていただきました。

ARK Server Managerの使い方(Unofficial Serverの建て方) : げぇむはしりがき
ARK Server Manager - ARK_Survival_Evolved Wiki*

スポンサーリンク