【マンガ】キングダム最新刊47巻の感想

kingdam47

キングダム最新刊47巻、出ましたね

個人的には前回の46巻がとてつもなく良かったので記事にしてしまいましたが

内容にほとんど触れず、キングダムの概要説明だった為残念ながら感想として不適切でした

ただ、キングダムって何?という方がいたら読んでみてください

【マンガ】キングダム最新刊46巻が想像以上に凄い件について
キングダム最新刊ヤバイ マンガ、キングダム最新刊を今日読んでそのあまりの内容に思わず記事を書いてしまいました ...続きを読む

なので今回はがっつりネタバレ含めてキングダム47巻について

どっぷり感想を書いていきます!!ちなみにネタバレ含みの46巻以前を読んでる方向けです!

前回までのあらすじ

前回までの流れをざっくり説明すると

中華統一へと押し進む秦、そして秦の大王政と信

そんな中秦が中華統一するに当たり特に『法が重要』が重要だと政が言ったのに対し、

その一の家臣である昌文君は法について最も知見のある、敵陣営呂不韋の配下だった

『法の番人』李斯を獄より開放し、力を借りることとした。

信率いる『飛信隊』は以前の対戦での弱点克服、強化の為、新たに徴兵と練兵をしていた

そこでかつて秦で唯一中華十弓に名を連ねた蒼源の息子二人を仲間にしたのだった

そして中華統一の足がかりとして軍総司令の昌平君は趙に対して大軍を放つ計画を

大王政に相談するも一筋縄ではいかぬ、正攻法ではない奇策、趙の王都の傍である

『鄴攻め』を行うと進言し、そしてその策も練り上げたのだった。

rengou

そしてついに鄴攻めとなった秦国、それは将軍桓騎、楊端和、総大将に王翦。

三人の将軍を据えた三軍による連合軍戦となる。そしてその戦いに信はついに

練習していた矛ではなく、王騎将軍の矛を持って行くこととなったのであった

そして47巻では戦闘が始まる

行軍を開始し、ついに鄴攻めへと進む三軍、そこへ趙の軍勢が襲い掛かるも桓騎軍が応戦し、

他の2軍は鄴へと進む。三つの大局を同時に対応出来る連合軍の強みをはやくも発揮する。

そしてその後烈火の速度で楊端和と飛信隊は趙の城「列尾」をなんと半日で落城させる!

さらに新規加入した弓矢兄弟は初の戦場にも関わらず戦果を残しました

兄は敵の司令官級を手を震わせながらも何人も一矢の元討ちました。

だ、弟の方は敵の顔が見える事などから全く戦果を上げることが出来ませんでした。

しかし超人的な技巧はこの後、飛信隊に大きく貢献してくれそうです!(フラグ)

yumi

戦いに関して

個人的にここで思ったのはいまだに趙国で有能な名将をほとんど知らないので

45巻の黒羊戦で慶舎という将軍を失ってしまった中、

現在残る将軍がすごく少ない気がしていて、キングダム特有の将軍の力量で戦は決まる!

という論調て行くと局地戦になれば秦が圧倒的に有利なのでは・・・?

今の所黒羊で見つかった『紀昌』、青歌にいて燕のオルドと対峙した『司馬尚』

王騎との戦で生き残った『公孫龍』くらいしかいないけど・・・駒足りてるのかしら

しかも李牧は趙の大王である悼襄王に嫌われてるから好意的に手伝ってくれなさそうだし

さらに王は元三大天廉破に「バカ」って言われてるくらい無能そうだし・・・

これは趙、マズイでしょ。と思いきや

奪った列尾城は意図的に弱く作られていた!

拠点として運用しようという昌平君の策で非常に重要だった列尾城は

奪い返しやすいように細工されており、ここを拠点に戦いを続行するのは非常に困難だった

それにいち早く気づいた王翦将軍は目的の鄴を少数で見に行っていたのだった

そしてその場で策を練った王翦将軍は帰ってくる

連合軍のそして命運、作戦の達成は列尾の策略によって昌平君の策ではもはや困難となった

そして王翦将軍は「この王翦と李牧の知略の戦いだ」と言った

「全ての兵糧を持ち、全軍で出陣だ。鄴を奪うぞ」

ousen

この号令により連合軍は全軍進軍開始!!といったところで47巻は終わりました。

まとめ

この巻では楊端和と山の民の凄まじい強さ

そして桓騎将軍の洞察力の高さ、最後に王賎将軍の軍略の高さ。

これらによって秦国連合軍がいかなる強みを持った軍なのか

という点がよく出た巻だと思いました。

一体王翦将軍はどんな策を練り、鄴を奪うのか?!

そして弓矢兄弟は戦場でどんな成長を遂げていくのか?!

まだまだ序盤なのに目が離せない趙侵略戦!!あー明日くらいに発売されねーかな

スポンサーリンク

『【マンガ】キングダム最新刊47巻の感想』へのコメント

  1. 名前:ゆうり 投稿日:2017/08/13(日) 09:00:03 ID:c678178b1 返信

    四十七巻で一番好きなシーンは、私的に楊端和の檄を飛ばすシーンですかね〜
    あそこは鳥肌たちました。

    さて、話が変わりますが前回の四十六巻の感想よりもだいぶ上手に仕上がっていたと思いました

    キングダムの説明に出来事だけをつらつら書くと「よーわからん」ってなるし
    感想だけつらつら書いても「よーわからん」ってなるし…

    でも先程も書いた様に、前回よりお上手に仕上がっていたと思いました

    • 名前:やすたろう 投稿日:2017/08/13(日) 19:15:06 ID:197933036 返信

      ゆうりさん
      前回に引き続きコメントありがとうございます!
      47巻で個人的にぐっときたシーンは戦の後の王賁が飛信隊の動向を探りに動いたシーンでしょうか、あそこがおぉっ!ときましたね!
      感想について、ありがとうございます!
      47巻の内容に関してと今までのキングダムの内容を合わせた結果の感想を書いたのでネタバレにはなってしまうのですが、独自の内容に出来たかなとは思います!うまくお伝えできていたなら幸いです!